running

【初心者】フルマラソンをオススメする3つの理由【完走】

2021年6月29日

何かに挑戦したいけど、何が良いのか分からないって悩んでないですか?

実は、この記事で紹介する「フルマラソン」を完走すると、凄まじいほどのメリットがあるんです。

なぜなら、2019年にフルマラソンに初挑戦し、完走したボクが今でも「あの時は、本当によかった」って感じてるからです。

この記事では、フルマラソンをオススメするポイントを3つ紹介します。

読み終える頃には、走りたくなってるはず。

コツコツ継続することの大切さがわかる

「継続が大切」って子供の頃から、何度も聞いた言葉ですよね。はたして、これって実際そうなんでしょうか?

ボクは正直なところ、分かっていませんでした。言葉は知ってるけど、体感ベースとして脳に刻まれてなかったんですね。

でも、フルマラソンを完走した時に「継続が大切」が正しいことを体感しました。

ポイント

  1. 右足を出す
  2. 左足を出す
  3. 止まっても、また進み出せば良い

これだけ。これを繰り返すと、ゴールに辿り着けたんです。

当たり前っちゃ当たり前なんです。そんなこと誰でも知ってるって言われそう。

でも、知ってることと、体験したことは違うんです。

周りの応援がえげつない程ありがたいと知れる

「応援が力になりました!」ってヒーローインタビューで聞きますよね?

あれって社交辞令的なものだと思ってました。

「お客さんを喜ばせるための、戦略ね。はいはい」って感じです。

でも、本当に応援は力になるんだって知れたんです。

30キロを超えたあたりから、全く走れなくなって、体がボロボロ。その状態で、全く見ず知らずの人から応援されるだけで、また走れるようになるんです。

これも初めての経験でした。右足の次は、左足。

はじめての経験

  • 「いちに、いちに」ができない
  • 「いち」の次はまた「いち」を積み上げるイメージ

「いちに、いちに」ではなく「いち、いち」って感じで「いち」が積み上がるんです。

応援の力で「いち」の足が出るってイメージ。

本当に不思議な体験でした。

半端ない自信がつく

ゴールした時の達成感は、いまだに鮮明に記憶してます。

人生において、こんなにも身体のエネルギーを消耗したことはありませんでした。

体力、気力共に「ゼロ」

ヘトヘトの状態にも関わらず、じわじわと湧き出る「完走したんだ」と言う実感。

この感動は、ゴールを経験したことのある人しか、分からないと思います。

仕事で大変なことがあっても、プライベートで嫌なことがあっても、

「フルマラソンを完走した」と言う自信が支えになります。

この自信を得るために、42.195キロ走ったんだと思えるようになりました。

まとめ

いかがでしたか?

コロナでマラソン大会が開催されない今、この感動を味わうのが難しいかもしれません。

しかし、コツコツ継続、応援、自信、この3つはマラソン以外でも体験可能なものです。

例えば、ブログやYouTube、SNS運用などに関しても同じではないでしょうか?

「何か継続し、達成できた」と言う自信が、今後のあなたを支えてくれる原動力になることを信じてます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

-running

© 2021 higublog