sauna

【かんたん】サウナの入り方とは?【初心者のあなたへ】

こんにちは、ひぐです。

最近、サウナにすっかりハマってしまい、週一は確実に「ととのう」を味わってます。

さて、ここであらためて、サウナの入り方を整理したいと思います。

まあ、言うても僕はサウナ初心者。

初心者なりの視点で、書いてますので、よろしくお願いします。

身体をキレイに洗う

まずは、身体をキレイに洗いましょう。

公共の施設でのマナーです。これが出来ない人は、出入り禁止。

サウナに限らず、入浴する前には、身体をキレイにするのは常識ですね。

それと、もうひとつ。汗をかきやすくする為でもあります。

皮膚の表面に皮脂や汚れがついてると、サウナに入っても汗かきにくいです。

なので、身体をキレイに洗って、サウナにいきましょう。

サウナに12分入る

ポイント

  1. 時計を確認する
  2. 無理はしない

サウナに入ると、時計があります。12分計ってやつです。

入ったときに、どの位置に数字があるかチェックしましょう。

例えば「3」の位置を指してたら、一周まわって「3」になるまで、

サウナ室にいましょう。

ここで注意点があります。

無理しちゃいけない」です。サウナは我慢くらべではありません。

もし12分経たずして、無理そうならば、直ぐにサウナ室から出ましょう。

水風呂に60秒入る

ポイント

  1. サウナでかいた汗を流す
  2. 息を吐きながら、水風呂に入る

サウナから出ると、近くに水風呂があるはず。

汗を流して、水風呂に入ります。

この、水風呂がサウナの醍醐味です。

「冷たすぎて、心臓止まりそうだわ」って思いますか?

大丈夫。コツがあります。

それは、息を吐きながら入ること。

あら不思議。あれだけ苦手だった水風呂に、すんなり入れます。これおすすめ。

外で10分休憩する

ポイント

  1. かるく身体を拭く
  2. 静かにリラックスする

水風呂から出たあとは、外気浴をします。

軽く身体を拭いて、休憩しましょう。

びしょびしょのまま休憩すると、急激に体温が下がります。

冬の寒い時期だと、寒すぎて、休憩どころではありません。

湿ったタオルで、軽く拭くくらいでOK。

屋外スペースがあればベスト。太陽の光や、心地よい風が最高に気持ち良いです。

屋外スペースがなくても、大丈夫。静かにリラックスすれば良いだけです。

これがいわゆる「ととのう」感覚です。

まとめ

チェックリスト

  • サウナ
  • 水風呂
  • 外気浴

このサイクルを2回から3回繰り返すのが基本です。

かんたんでしょ?

今日は、サウナの基本について簡単にまとめました。

それでは!

 

-sauna

© 2021 higublog