Podcast

【重要】Kindle出版を軸に、SNSと音声配信を育てよう

この記事では、Kindle出版とSNS、音声配信の関係性を解説します。

無事にAmazonに出版できたとしても、それだけでは、なかなか多くの人は届きません。作品は届けるまでが作者の仕事。

という事で、Kindle出版と、音声配信についてお話しします。

音声プラットフォームとは?

結論から、お話しします。

Kindle出版と相性が良いのは、Twitter、ブログと音声配信です。

  1. Twitterで拡散する
  2. 音声配信で発信する
  3. ブログで補足説明

この流れがオススメです。

理由は、音声配信を聴いてる層が、情報感度が高く、濃いファンになってくれるからです。

「本なんか、全然読まないよ」って層の人たちに、いくら「出版しました」って声掛けしても、効果は少ないと想像できますよね。

一般的に、YouTubeやTikTokなどの、動画コンテンツを利用してる層は、識字率が低いと言われてます。

「良い」「悪い」の話ではなく、純粋に文字を読むのが苦手なんですね。

じゃ、なんで音声配信を聴いてる層の、情報感度が高いのか?

ズバリ、「ワイヤレスイヤホンの所有率が高いから」です。

ここは、完全に僕の主観的な部分なので、「そんなことないだろ?」って意見も承知の上です。

普段から、ながら聴きをしてる人は、時間を有効活用しようとする感覚を持ってます。

もちろん、音楽を聴いたりしながら、気分をリラックスさせたりしてる人も多いです。語学学習をしたり、ラジオで耳学してる層は、少数派だと言えます。つまり希少価値が高いのです。

そこで、オススメな音声配信プラットフォームはstand.fmです。

気軽に配信、ライブ機能もあるstand.fm

https://stand.fm/

いつでも、どこでも気軽に配信できるのがポイント。更に、ライブ機能なんかも充実してて、配信者とリスナーがとても近い位置にいます。

まさにそこは、優しいインターネット空間。

音声配信のもう一つの良いところは、炎上しにくいところ。

なぜ、音声配信では炎上しにくいのか?理由は以下の2点。

  1. 声が嫌いな人の配信は、最後まで聴けないから。
  2. 構造的に、アンチ活動しにくいから。

まあ、考えてみれば当然ですよね?嫌いな人の音声を最後まで聴いて、アンチコメントをしてくる人なんていません。そんな人は、もはやその人の熱狂的なファンですよね(笑)

なので、そもそも構造的に、アンチ活動がしにくいわけです。

それぞれをどう使うの?

本を完成させて、Amazonに置いておくだけでは、あまり目立たないですよね。あなたが、すでに知名度の高い人だったとしても、作品は作っただけでは、相手に届かない。

せっかく心を込めて作った作品。必要としてる人に読んで欲しいですよね。だから、しっかりと告知をする必要があります。

  1. どんな本を書こうとしてるか?
  2. 今現在、どこまで書き進んでいるか?
  3. 表紙のデザインは、A案B案、どちらがオススメか?

こんな風に、その日の制作途中を公開しても、面白いですよね。

「出版しました!」と事後報告でも、もちろん良いのですが、同時進行がオススメ。

Twitterと音声配信のフォロワーさんと、一緒に作り上げていくと、楽しいですね。

まとめ

せっかく作ったあなたの作品。必要としてる人がいるのに、その人が、本の存在を知らなければ、意味がないですよね。あなたの自己満足で終わらせてしまっては、もったいないです。

今は、広告を使わなくても、SNSによって無料で、情報発信ができます。

今回は、Twitterと音声配信を使って、告知活動のしましょうというお話でした。

最後まで、読んで頂き、ありがとうございました。

それでは!

 

-Podcast

© 2021 higublog