Kindle出版

【安さに逃げるな】Kindle出版、値段設定のやり方【もっと高く売れ】

サラリーマン君

原稿が書き上がった!でも一体いくらで販売すれば良いの?

99円で売ってる人が多そうだから、とりあえず自分もそうしようかな?

こんな疑問にお答えします。

あなた誰?

  • ボクは2020年7月にKindle出版スタート
  • 1年間で10冊のKindle本を出版(著書一覧を見る
  • ベストセラーも獲得

「安いんだから面白くなくても文句言わないでね」は危険な思考

結論からお話しします。

  • 最低でも500円
  • 出来れば1,000円

あなたが一生懸命に読者のために書いた本。

ようやく出版できそうだ。

あともう一踏ん張りって時に悩むのが、値段の付け方。

もちろん全力で執筆したので、安く売りたくはない。

でも……

◯才女性

このレベルでこの金額?高い!

◯才男性

金額の割に、全然面白くない!

なんてレビューが来るのが怖いですよね?分かります。

ボクも最初の頃はそんな感じでした。

だから……

  • とりあえず99円でいっか

  • 最初は無料で出しちゃえ

って逃げたくなる気持ち、わかります。

しかし、ここがポイント。

ココがポイント

金額の大小に関係なく、

作品のクオリティは妥協してはいけない!

今回の記事でお伝えしたいことは、この一点。

クリエイターとしての「心構え」みたいなもんです。

あなたが心を込めて、その時できる努力の末、ようやく完成させた作品。

それなら、自信を持って値付けしていいんです。

逆に、安くすると

ココがダメ

「安いんだから、面白くなくても文句は言わないでね」

って受け身の姿勢になります。

それじゃ、尖った意見の本になりません。

その他大勢のKindle本に、埋もれてしまいます。

サラリーマン君

そんなこと言われたら、出版する自信がなくなってきたよ

それもまた、危険な思考かも

ひぐ

「まだ完璧じゃないから出版出来ない」

って、ずっと出版できないのもダメ。

目安は「完成度80%」だと考えます。

とりあえず、リリースして、修正を加えていくことが大切。

Amazonレビューを、品質の向上に役立てよう!

ひぐ

幸いなことに、Kindle本は出版した後でも、加筆、修正ができます。

  • 自分の作品を読み返す
  • 少しずつ、修正を加えていく

そうすれば、全体の品質が上がっていくことでしょう。

一次情報は想像以上に価値がある

いいね

一次情報と二次情報ってご存知でしょうか?

一次情報

自分が直接体験して得た情報、自分が行った調査や実験で得た情報

例:プログラミングスクールに通って実際に体験した情報

二次情報

一次情報を持つ、他人から得た情報

例:プログラミングスクールの記事を読んで書いた、まとめ記事など

どちらが良いとか悪いとかではありません。

それぞれにメリットデメリットがあります。

一次情報

メリット:あなただけのオリジナル。希少価値が高い

デメリット:時間と費用がかかる

二次情報

メリット:短い時間で多くの情報を入手できる

デメリット:誰もが持ってる情報なので、希少価値が低い

Kindle本を書く時は、絶対に一次情報の本を書きましょう。

あなたが体験したこと。その体験から学んだことや、感じたこと。

  • もっとこうすれば良かった‥…
  • あんな風にすれば良かった……

みたいな事を書いてみよう

ひぐ

こんなKindle本はあなたにしか、書けません。

完全にオリジナル作品です。

自信を持って、値上げしても大丈夫です。

値上げした時の実験結果を公開

サラリーマン君

実際に値上げしたらどうなるの?

結論、「売上が上がり、レビューも増えた」です。

2021年4月、最初500円で販売してた本を980円にしてみました。

サラリーマン君

いきなり2倍にするってどうなの?

確かにボクもそう思いました。

とはいえ、この本はボクの一次情報。

ボクのフィルターを通して得た、ボクだけの情報。誰も持ってない希少価値の高い情報です。

実際はこんな感じ

4月から値上げしました

値上げに後悔はありませんでした。むしろ、出版当初から980円で売ればよかったと思いました。

価格を上げることで、読者の本気度も上がります。

良いレビューが付きやすくなるのも納得出来ますよね。

まとめ

グラフの画像

いかがだったでしょうか?

全力で作品を作ったなら、しっかり値段をつけて大丈夫。

自信を持って値付けしましょう。

本気の読者が読んでくれて、高レビューも付きやすくなります。

具体的な金額としては980円。

ぜひ試してみて下さい!

-Kindle出版

© 2021 higublog