Kindle出版

【初心者向け】Kindle出版にかかる費用を解説します。

2021年7月31日

グラフの画像

サラリーマン君

  • 自分の本を書いてみたいけど、どうすれば良いのかわからない

  • 自費出版って方法があるの?費用はいくらかかるの?

  • 本当に個人で出版できるの?

こういった悩みを解決します。

あなた誰?

  • ボクは2020年7月にKindle出版スタート
  • 1年間で10冊のKindle本を出版(著書一覧を見る
  • ベストセラーも獲得

 

Kindle出版の費用が知りたい

お金とパソコン

結論、無料で出版できる

結論からお伝えしますね。

Kindle出版は無料で出版できます。

費用は、いっさいかかりません。

では、なぜ無料なのか?

ごめんなさい。理由は分かりません。

はてな

  • 電子書籍はただのデータだから?
  • Amazonがコンテンツを充実させたいから?

正確な理由はAmazonしか知らないので、ボクの推察です。

とにかく、無料で出版できることに間違いはありません。

Amazonの公式サイトの動画がわかりやすいですね。

サラリーマン君

「無料で出版できる理由」がわからないと、やりたくない!

大切なのは「とりあえずやってみること」だよ

ひぐ

「なぜ、無料で出版出来るのか?」答えが分からないと、行動したくない人がいるかもしれません。

でも大切なことは「とりあえずやってみる」ってこと。

  • 合わなければ、辞める
  • 良ければ、続ける

シンプルに考えましょうね。

と、いうことで、Kindle出版は完全無料なので、気軽にチャレンジしてみましょう。

とはいえ、お金かけるポイントもある

いくらか慣れてくると、お金をかけるポイントも

見えてくるようになります。

なぜなら、書くたびにレベルアップするからです。

  • もっと良い文章を書きたいと思い、文章術の本を買う

  • もっと良い表紙を作成したいので、外注する

こんな感じ。

ありのままの自分が書いた、文章も勢いがあって良いかもです。

ただし、より多くの人に届けたいのならば、

適切に課金しましょう。

お金をかけるポイントを解説

本のイラスト

表紙にお金をかけよう

サラリーマン君

じゃ、どうすればいいの?

結論からお話しますね。お金をかけるポイントは表紙です。

なぜなら、表紙が素人っぽいと、そもそも手に取ってもらえないから

プログラミング本

早起き本

あなたなら、どちらを手に取りますか?

サラリーマン君

完全に左だね

右は自作。デザインセンスのなさよ(笑)

ひぐ

もしもあなたが、完璧な作品が書けたとします。

読めば誰もが感動する作品だとしましょう。

  • 「読めば」感動する
  • 「読まれない」感動しない

読まれてはじめて価値を持つのが、あなたのKindle本。

せっかく生み出した作品を待ってる読者がいるんです。

あなたには生み出した作品を、求めてる読者に届ける義務があります

大切な子供を、育て上げるのと同じですね

ひぐ

もちろん、いっさい費用をかけず、出版する事を目的としてるのであれば、問題ありません。

実際、ボクも最初の数冊は、完全に0円で出版しました。

ただし「多くの人に読んでほしい」が目的ならば、表紙はプロに外注しましょう。

あなたの作品をより多くに人に知ってもらうには、プロに表紙を作ってもらうのがオススメです。

ひぐ

3,000円程度で大丈夫

サラリーマン君

表紙はいくらで作ってもらうの?

表紙作成の単価は、3,000円程度で大丈夫。

なぜなら、そのお金は、すぐに回収できるからです。

ボクが使ってるのはココナラというサイト。

「Kindle表紙」などで検索すると、多くのサービスが見つかります。

仮に3,000円で作ってもらったとしても、印税ですぐに回収できます。

サラリーマン君

本当に回収できるの?不安だな〜

確かに、その気持ち分かる(笑)

ひぐ

とはいえ、作品によっては、回収しきれてないものもありますね。

ボクの例で言うと、半年経っても1,500円程度しか稼げてない本も

あったりします。

サラリーマン君

ほら、やっぱ回収できないんじゃん

ただ、これは数でカバーできる問題だよ

ひぐ

他のヒット作で相殺できるので、問題なしです。

最初は、無理のない範囲で外注しましょう。

具体的には、3,000円程度で大丈夫です。

ポイント

  • 外注する側の気持ちも勉強になります。
  • あなたの希望を適切に伝える。
  • これも立派な経験です。

ボクはKindle歴1年で年間12万円稼ぎました

滝と男性

収入源が増える感覚

視野が広くなった感じがしました。

なぜなら、自分に自信が持てるようになったからです。

初出版から2カ月後の月末、Amazonから1,104円の入金がありました。

たったの1,104円ですが、ボクにとっては忘れられない貴重な体験。

何しろ、ネットで稼ぐ体験が初めてだったし、天下のAmazon様からの入金。

本当に飛び上がって喜んだのを、鮮明に覚えてます。

時給換算すると、なんと20円以下でした(汗)

ひぐ

たった1,104円で、視野が広くなるんです。

貴重な経験ができました。

自分の知識が換金される感覚

これは不思議な感覚です。

なぜなら、モノを売る買うとは少し違うと感じたからです。

安く仕入れて、高く売る。

Kindle出版はそれとは違う、ビジネスです。

あなたの体験や経験が、誰かの役に立って、お金に変わる。あらためて、すごく素敵なことですよね。

ひぐ

もちろん、物販系のビジネスも楽しいと思います。

安い仕入れ先を見つけたときには、

とても嬉しいでしょう。

でも、なんかそれとは違う面白さが、Kindle出版にはありますね。

自分の知識が換金される感覚を味わってみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ポイント

  • Kindle出版は無料でできる
  • 表紙はプロにお願いする
  • 収入源が増えると自信がつく

毎日コツコツ作業を継続すれば、誰でもKindle出版できます。

出版した後は、あなたが寝ててもKindle本が稼いでくれます。

収益の大きさは、いったん置いておいて、

文字が稼いでくれる感覚を体験しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

-Kindle出版

© 2021 higublog