Podcast

【あらためて】音声コンテンツの良いところ3選

こんにちは、ひぐです。

最近、すっかり音声コンテンツにハマってます。きっかけはワイヤレスイヤホンを購入したから。

大袈裟かもしれませんが、これで人生変わったかもってくらいの衝撃です。

今回はあらためて、音声コンテンツの魅力を整理しました。

よろしくお願いします。

ながら聴きで効率が良い

僕にとっての1番のメリットは、「ながら聴き」ができるところ。

ポイント

  • 運転しながら
  • ランニングしながら
  • 家事しながら

効率的に情報収集ができるからです。

例えば、運転中に動画をみることはできません。

運転中や家事をしながら、YouTubeの映像を楽しむことは、難しいです。

バックグラウンドで再生し、音声のみを聴く場合であれば良いですが、YouTubeでは課金しなければいけませんよね。

音声コンテンツだと、これが解決するんです。

おすすめプラットフォーム

今は、たくさんのプラットフォームが登場してます。どれがあなたに会うのかは、分かりません。

無料で試せるものばかりなので気に入ったアプリを使えばOK。

数多くのチャンネルがあるので、興味のあるチャンネルをフォローしましょう。

きっとあなたに会う放送に出会えるでしょう。

また、倍速再生が出来るのも、重要ポイント

僕はいつも2倍速で聴いてます。慣れてくると、倍速でも聞き取れるもんですね。

ながら聴き+倍速再生で、生産性がさらにアップしますね。

負担が少ない

現代人は目を酷使しています。

PC、スマホ、TVなど、目に入る情報量は増す一方、もはや人の目は空いてないのです。

これ以上、コンテンツを消費するスキマは残されてないのです。

もう空いてる部位は耳しかないのです。

目で情報を得るよりも、耳から情報を得る方が、楽に感じませんか?

サラリーマン君
確かに、風邪で寝込んでる時、本は読めないもんね
そうそう。文字は追えてるけど、理解が追いつかない
ひぐ
サラリーマン君
でもオーディオブックなら、内容がスルッと頭に入ったよ

 

負担が少ないのは、配信者側にもいえます。

僕も音声配信を半年間ほど続けてますが、ブログを書いたりYouTubeをとったりするよりも、圧倒的に楽なんです。

喋れば良いだけですから。もちろん、台本を用意し、ガチガチに内容を作り込む場合は別です。

ただ、気軽に聴けるのが音声のメリット。

お気に入りのパーソナリティが隣で喋ってくれてる感覚が、親しみやすいので、そこまで作り込む必要はありません。

炎上しにくい

異論もあるとは思いますが、あえてはっきりと主張します。

動画コンテンツを消費してる層は、情報感度の低い層がメインです。

動画が好きな層

  • 文字を読むことが苦手
  • 話を聴くのも苦手
  • 映像を眺めるだけならできる

このような視聴者が多いのが事実。

ですから、コメント欄などは炎上しやすい訳です。

一方で、音声コンテンツは、ながら聴きが一般的。

音声が好きな層

  • 何かしながらでも情報収集したい人
  • ワイヤレスイヤホン持ってる人
  • 忙しい人

 

何かしながらでも、積極的に情報収集する姿勢。まだまだ普及し尽くしてない、ワイヤレスイヤホンを使いこなしてる時点で、情報感度は高い層が多いです。

それに、嫌いな人の声を最後まで聴き続けることは、困難なんですよね。そうまでして、アンチコメントを送ってくるケースがあれば、それはもはや熱狂的なファンです(笑)

ですから、音声コンテンツでは炎上がしにくい訳です。

まとめ

5Gの時代で、これからは動画がもっともっと盛り上がると言われてます。もちろん僕もそう思います。ただ、同時並行で、音声コンテンツ市場も確実に伸びてきてます。

完全にワイヤレスイヤホンの普及が、その流れをさらに加速させました。

YouTube黎明期、10年前のヒカキンさんのように、音声配信で有名になる人もきっと登場するでしょう。そんな未来はもうすぐそこです。

もし、あなたも音声配信に興味があれば、聴くも良し、喋るも良しです。一度経験するのも悪くないですよ。

それでは!

 

-Podcast

© 2021 higublog